古い!けど新しい!!のぼりの方程式

今でも人気のアピール方法ののぼり旗

お店の宣伝方法にもいろいろとありますが、昔から今に至るまでずっと人気なのがのぼり旗です。お店の前や屋根などに取り付けるだけで、お店の存在やアピールポイントなどを通る方に知らせることができます。取り付けるお店側としても費用は比較的安く済みますし、取り付けも女性一人でもできてしまうほど簡単で、出来上がったその日から使えるので効率的です。そのため、季節によって旗の内容を変えたり、何種類かののぼりを用意したりとアクセントをつけたりタイムリーな宣伝ができるメリットもあります。手軽さと臨機応変に使えることも人気のポイントの1つになっています。昔からあってべたな方法で古いように見えて、実は今でも使われるほど効果があるという証拠です。

自然と目に入るから記憶に残りやすいのぼり

シンプルなのぼり旗による宣伝ですが、実は人間の持っている習性に基づいた宣伝方法なのです。人はもともと動くものを目で追ってしまう習性があり、意図しなくても視野に入りやすくなります。のぼり旗は少しの風で揺れるため動いているように見えますので目立ちます。だから自然と目に入りやすくて何かがあると認識してもらいやすいのです。さらに色や文字の大きさや写真などをうまく使えば素早く認識してもらえて、行くつもりがなかったのに、入店するきっかけになることも多いです。また、自然と目に入ると記憶にも残りやすく、その時は寄らなくてもこんなお店があったと頭に残って、後日の来店につながったり他の人との会話に出てくるなどの波及効果も期待できます。

© Copyright Under The Banner. All Rights Reserved.